忍者ブログ
まったり日記☆画像のお持ち帰り・文章の無断転載は禁止ですm(__)m
            
[887]  [888]  [886]  [885]  [882]  [880]  [879]  [878]  [875]  [884]  [883
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9時に起きる予定でしたが、仕事が無いとなるとつい自分に甘くなってしまい、11時に起床。

出かける準備をして、爺様の入院荷物を用意していたらパパさんにバッタリ。
あれ?お仕事は(οдО)?
どうやら休んだらしいです。


12時過ぎパパさんの車に乗り込み、病院へ向かいました。

爺様と対面。

まるで死を目前にしている人のように元気が無く、自分の管理していた物の場所を語りだして止まらない爺様。
「どうしたの?何か不安なのかな?まだ死なないから。てか、命に関わってないから(笑)」と声をかけたら「頭、おかしくなったら解らなくなっちゃうから…」と。「大丈夫。前に聞いたし入院代くらい立て替えれるから心配ないょ。そんなことより今日からリハビリやるらしいから、そっちを頑張んなきゃお家に帰ってこれないよ~☆」と言ったら安心したのか、婆様に少しずつ何時もの亭主関白を見せだしました。

そうこうしていたら昼食が運ばれて来たので、手伝いをしながら食べる様子を伺ってたのですが、ちょっとやっぱり感覚が…。でも利き手の右側は動くので本人なりに一生懸命動かして食べてました。

少し病室を離れ、バイト先に連絡を入れました。
飲み会の方は延期にさせて頂きました。

14時、病室が一般病棟に移動という事になり、いったん私達は病室を出ました。
移動先の病棟で待っていたのですが中々来ない。

てな訳で、私達も昼食をとりに食堂に行きました。
この病院はわりかし新しいので、普通の大きな獨協病院よりも快適な暮らしが出来るように工夫されている作りになってました。食堂はまるでパーキングエリアのお店みたいですし、3階にはお散歩用の道があり外部から見られないように木々で覆われていました。病棟は管理しやく不思議な形をしていますし…何か今日は病院内を歩きながら関心しちゃいました。

昼食後、爺様の移動先の病室へ行きました。移動は終えていました。

看護婦さんに入院について色々説明をされました。
まだまだ必要な物があったので、それは明日、また持ってきてあげないとデス。

そろそろ帰ろうとした時にリハビリの看護士さんが来たので、パパさんと婆様にストップをかけ様子を見させて頂くことにしました。
看護士さんと会話をしながらリハビリ開始。麻痺をしてる左片を一生懸命動かそうとする爺様。手も足も人の助けがあれば少しは動かせる様子。足は曲げるよりは伸ばす力の方があるので、硬直させないようにする必要があるみたい。
とりあえずそんな状態。

そして17時半、帰宅。
梱包のバイトに行く予定っしたが、今から出勤してもあまり働けないので、休む事にしました。

今日、一通り爺様を見ていて思いました。
私は治る兆しがあると考えてます。まず1日も早く婆様の為にも家に帰ってきて欲しいです。後は介護をする覚悟を固めていかないと…と思ってます。
パパさんは半分くらい諦めているのか、車椅子なんじゃないか?と。もしかしたら自宅のリホームか、老人ホーム行きか、ホームヘルパーさんを雇う事を考えているのでは無いかと思います。
婆様の内心はよく解りません。淋しいは淋しいのだと思いますが、すでに気力を無くしたのか昨日より面倒くさがりになってしまいました。何でもかんでも「わからないから、お前頼むじゃ」しか言わなくなりそうで怖いです。



今後の私はどうなっていくのでしょう…?
ママが亡くなってから2年強。婆様の入院から始まり、パパさん、爺様と入院しました。とりあえず皆、早期発見だという事が救いですが、次は私なのかな?その辺も怖いです。
それにママが生前の頃、よくこんなことを言ってました。「子峰家ではお母さんが一番最初死ぬと思う。その次はお爺ちゃん、パパ。最後にお婆ちゃん。お婆ちゃんは痴呆症になってだらだら生きると思うわ」って。今まさにそんな気がしています。

私はヘルパーの資格をとりに行くべきなのでしょうか?
私は年末年初、来年、健康に過ごせているのでしょうか?
私は大切なあの人から離れるべきなのでしょうか?

また不安の淵に立たされています。

だったみたいです!

産み親を飼ってる友人から先程メールで教えてもらいました。

すっかり忘れてました(焦)

でぃるちゃん、一歳の誕生日、おめでとう。
人の誕生日を直ぐに忘れてしまう私だけど、これからもしつこいくらい可愛がるので、私の愛をその小さな心で受けとめて下さい(笑)
あと、いつも帰宅後の私の足音に反応して鳴いてくれるの、とっても嬉しいです(*´∀`*)
癒しを毎日ありがとう☆
PR
+この記事にコメントする+
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
幸せ祈ってます
紅葉チャンの笑顔が小峰家のなによりのヘルパー(^_-)
大切な人から離れたらあかんよ
共に歩かないと

猫パパ 2008/11/30(Sun)04:45:51 +EDIT+
ありがとうございますm(__)m
祖父母の歳を考えると、いずれはこうなるとか予測していましたが…
前触れもなく急だったのでちょっぴり不安に駆られてます。

が、私がしっかりしなきゃ!
頑張ります(>_<)
【2008/12/02 02:50】
無題
念のためにある程度は備えておいた方がいいかもしれませんが、まだどうなるかはわかりません。
とりあえずは、前向きに考えてみることにしてはいかがでしょうか?
支配階級 2008/11/27(Thu)02:55:24 +EDIT+
はい。ポジティブ精神保ってみせます!
少なくとも爺様の前では、前向きにしてます。実際命に別状は無いので。
ただ半身不随というのは周りも、本人も大変です。

これからの課題ですが、乗り越えて行きたいと思います。
【2008/12/02 02:54】
+トラックバック
+この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
みねこ
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
多趣味
自己紹介:
何かと夢見がちな子峰でしたが・・・
2010年7月から一児の母になります。
これからはちょっと変わったママとしてブログを更新してゆきますので、今後も暖かい目でお見守り頂けたら嬉しいです。

そんなわけで只今メンテナンス中。。。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析



忍者ブログ [PR]